Product
Home  >  取扱製品  >  MICA社 Kanesis®ブランド(イタリア)
MICA社 Kanesis®ブランド(イタリア)

MICA社は2016年3月設立の新しい会社です。
ヘンプを素材とするHBP®というブランド名の100%生分解性(公的認証待ち)プラスティック原料を、ミラノ大学とNOVA研究所の協力を得て開発しました。
イタリア国内特許、並びに国際特許を申請しております。またヘンプ以外の植物性プラスティックの開発も行なっております。

現在は3Dプリンター用のフィラメントをビジネスの核として、世界的なマーケティング活動を行なっております。
共同創業者のアントニオ氏は今後、世界的にパートナーと出資者を募り、HBP®の特許を中心に据えた、技術開発に特化した新会社を創設予定です。
その元で世界を地域に分け、地域ごとのパートナーがそれぞれの市場を担っていく方向で計画しており、堀正工業は国内、アジア市場でのマーケティング活動を実施しております。

HBPペレット写真
HBPペレット(現在非売品)
生分解性100%(公的認証待ち)のヘンプ製プラスティック原料です。
同じくバイオプラスティックであるPLAより20%軽く30%強いバイオ樹脂です。従来の機械設備に大幅な修正を加えることなく合成熱可塑性樹脂の用途全般に代替でき、また製造時の熱量が低いため、環境負荷が大変に低い製品です。
HBPフィラメント写真
HBPフィラメント
HBP®を加工した3Dプリンター用のフィラメントです。
生分解性100%(公的認証待ち)のヘンプ製プラスティック原料です。
重量/体積比とより良い表面仕上げにより、競合品(ABSおよびPLA)に優ります。材料層の間の分子の優れた接着性および凝集性が顕著な特性です。木材に近いダークブラウン色ですが、抽出時の温度調節で微妙に変更できます。
拡大 が付いている画像をクリックすると拡大表示します。

このページのTOPへ